生産と品質
TOP > 企業情報 > 生産と品質

「基本は本物」。大自然が育む繊細な作物、こんにゃく芋。
その自然の風味や食感を、そのまま食卓にお届けします。

生産拠点はこんにゃくの名産地中央

群馬県の豊かな“三風”とともに「こんにゃく」の安定供給を目指します

群馬県のこんにゃく芋の生産量は約6万トン、全国の9割以上を占めており、その7割以上は、北部に集中しています。(図1)赤城山や榛名山、谷川岳を水源とする利根川の流れ、この豊かな自然環境がこんにゃく芋の栽培に適しているからです。自然豊かな「風景」、伝統に培われたこんにゃく作りの歴史と「風土」、手塩にかけてつくる人々の愛が生み出す「風味」によって、最良の品質と安定供給を目指しています。

当社工場は、豊かな“三風”に囲まれた渋川市の北部に位置し、(図2)、日本名水百選に選ばれた“箱島の湧水”と同質の地下水と独創的な製法で美味しいこんにゃくづくりに取り組んでいます。

図1・こんにゃく芋全国生産地別比較(群馬県が全体の92%) 図2・こんにゃく芋の群馬県内地区別生産高(群馬北部が全体の75.7%)

[図1]平成24年
こんにゃく芋全国生産地別比較

(政府統計 作物統計調査)

[図2]平成24年
こんにゃく芋の群馬県内地区別生産高

(日本こんにゃく協会推計)

大切に栽培される「こんにゃく芋」

「こんにゃく芋」は、とても手のかかる食材なのです。寒さに弱く、秋には土から掘り起し、寒さを防ぐため屋内で保管し、春には植え戻し、夏は暑さや強い日差しからこんにゃく芋を守るために敷きわらをし、これを繰り返し2年から3年かけて成長させます。
こうして農家の方々が手間と時間をかけて育てたこんにゃく芋だからこそ、美味しいこんにゃく商品をお届けできるのです。

質と安全・安心を保つために、手を惜しまない

当社の社員の約1割が品質保証に携わっています。 製品の理化学検査や官能検査だけではなく、手のかかる微生物検査なども行っています。自社工場の製品だけではなく、全国の協力工場を含め、約50工場の製造する製品の品質チェックをするだけでなく、協力工場に出向いて、協力して品質保証に取り組んでいます。食の品質、安全、安心の信頼を支えるためにも、そこに携る企業と従業員が一体となって努力しています。

ページの先頭へ