知る・楽しむ
TOP > こんにゃく問答
こんにゃく問答

VOL 27 こんにゃくのルーツをちょっと。

こんにゃくの原産地はインド、セイロン島といい切る説。いや、インドネシア島だ、という説。もっと広く、熱帯アジアが原産と諸説ありますが里芋の仲間で切花のカラーや水芭蕉とも同じ仲間で“球茎の芋”つながりで納得です。

インドでは昔から栽培されていたようで、日本には500年代頃に朝鮮経由で中国から伝来したといわれています。いや、稲作以前の縄文時代に伝来したともいわれ諸説紛々です。

こんにゃくの栽培や製造の記述は、1695年刊行の「本朝食鑑」にあり、肉食を禁じられていた僧たちに食され精進料理に欠かせない食材となっています。

「蒟蒻本」ってご存知ですか。江戸時代に出版された“洒落(しゃれ)本”の通称で、色と形がこんにゃくに似ていたことから、そう呼ばれたそうです。

江戸はこんな洒落と笑いで、ダイエットしたのでしょうか。

ページの先頭へ