採用情報 オンラインショップ
知る・楽しむ
TOP > こんにゃく問答
こんにゃく問答

VOL 46 こんにゃく用語あれこれ

こんにゃくと世界

「こんにゃく」は、見た目の性質から“例え言葉”が多く、少々無念なところもあります。

「こんにゃくの裏表」よくわからないことの意でしょうか、「こんにゃくの化者・幽霊」は、ぷらぷら、ぐにゃぐにゃしてるからとか。
「こんにゃくの木登り」は“ふるえ上がる”、「こんにゃく閻魔」は“内弁慶”のこと。「封筒にこんにゃく」は政界用語で板こんにゃくを一枚封筒に入れるとその厚さが現金100万円程で裏金の隠語とか。ちょっと無念ですね。野球用語では「こんにゃく投法、こんにゃく打法」があり、漫画「あしたのジョー」では「こんにゃく戦法」が登場します。

さて「こんにゃく文」というのをご存知ですか。「こんにゃくは太らない」この文章をそのまま読み取ると“こんにゃく自体は太らない”となるのですが、日本人は誰もが“こんにゃくはいくら食べても太らない”と思うのではないでしょうか。主語+補助語なしの基本文を「こんにゃく文」というそうですから「ダイエット文」ですね。

ページの先頭へ