カンエツ

menu

MENU

こんにゃくを作ろう!

精粉からのこんにゃくの作り方

材料 ・こんにゃく芋400g ・60〜70℃のぬるま湯1300ml
(湯の量は芋の2.5〜4倍で調整)
・食用水酸化カルシウム2~3g ・溶き水用の水100ml
用意する道具 ・ ゴム手袋 ・ 型枠(バットなど) ・ まな板 ・ ゴムベラ ・ 包丁(皮むき器) ・ かきまぜ用なべ ・ ミキサー ・ ゆがき用なべ ・ 食用石灰用カップ

1.ゴム手袋をつける

こんにゃくは刺激が強く、素手で触れるとかぶれます。作業の時には必ずゴム手袋をつけましょう。

2.芋を洗う・皮むき

芋を洗う・皮むき

こんにゃく芋を洗う。土や表面の汚れを落とす程度でよい。そのあと皮をむく。

手袋をつけよう

3.カットする

洗った芋を、5〜6cm角にカットする。

4.熱湯で茹でる

芋を10〜15分茹でる。菜ばしを刺してみて、抵抗なくとおる程度。

5.すりおろす

ぬるま湯1300mlのうち半カップ程度を残し、残りの1200mlと芋を合わせ、何回かにわけてミキサーにかける。

6.1〜2時間おく

5を、器(かきまぜ用なべ)に入れ、1〜2時間程度放置する。5で残ったぬるま湯でミキサーについた芋を洗い流すように入れるとよい。

7.石灰水をつくる

食用水酸化カルシウム2gと溶き水用の水100mlをあわせておく。

8.かきまぜる

時間が来たら、なべに7の石灰水を入れて、素早く1〜1分30秒混ぜ合わせる。(灰汁あわせ)

石灰水を入れると粘りがなくなるので、のりをほぐすように良く混ぜ込む。だんだん粘りが出てくるので均一になるまでかき混ぜる。時間をかけすぎるとボソボソになるが、練りが不十分だと良く固まらない。

9.型に入れる

8を間を置かずにバットなどの型に入れ、表面をへら等でならし、 1時間程度放置する。

10.加熱凝固

固まった9をヘラで半分くらいに切り、(一般的な板こんにゃくの大きさがめやす)80〜90度のお湯で1時間程度ゆで固める。

11.あくぬき

あくぬきのため、湯をかえて茹でる。

こんにゃく
生芋だから歯ごたえサクッ!
生芋こんにゃく

生芋こんにゃく

生芋しらたき