カンエツ

menu

MENU

知る・楽しむ

寒天・ところてんの基本

4

使い方・食べ方

ところてん

江戸時代に庶民に広まり、涼を得られる食べ物として愛されてきました。食べ方は地域により様々です。

ところてんデザート

一般的には、ところてんは酢醤油で食べますが、関西では黒みつをかけて食べるのが主流です。そのわけは奈良時代までさかのぼり、くずきりが「黒みつ」で食べていたことから、食感が似たところてんを「黒みつ」で食べるようになったようです。
このように、ところてんの食べ方は日本全国様々な食べ方があり、鰹節や七味、きな粉をかける、からしやゆずをいれるなど、地域に根ざした食べ方が伝わっています。

寒天

製造技術の進歩で年間を通して製造され、形状も様々なものが開発され、その使い方は大きく広がりました。

寒天

粉寒天

粉末で使いやすいため様々な用途に使われています。使い方は常温の水やだしに入れ、火にかけます。かき混ぜながら煮て、沸騰したらふつふつする程度の火加減に弱め、2分程度煮ます。調味料を加える場合は、粉寒天が溶けてから加えます。

棒寒天

昔ながらの寒天で、洗った後ちぎって水やだしに入れ火にかけ、かたまりが消えて透明感が出るまで煮ます。現在は粉寒天が主流となり棒寒天の製造は少なくなっています。

糸寒天

洗った後10分ほど戻して水切りしておきます。水気をしぼってサラダの具などにオススメです。もどす水をお湯にすると柔かな食感になります。スープや味噌汁にひとつまみ入れるだけで食物繊維の補給になります。